那須高雄温泉おおるり山荘

今回は、那須高雄温泉にある「おおるり山荘」に行ってきました。

那須高雄温泉は、以前から気になっていた「にごり湯」の温泉です。

おおるり温泉直行バス「湯けむり号」

今回もおおるり温泉グループの直行バス「湯けむり号」にお世話になりました。

池袋の東京芸術劇場前から出発です。

東京芸術劇場は、池袋の西口から行きます。
おおるり温泉直行バス 池袋集合場所 (2)

西口を出ると、東京芸術劇場の標識があります。

おおるり温泉直行バス 池袋集合場所

標識に従って少し歩くと、前方の建物に「東京芸術劇場」の文字が見えました。

おおるり温泉直行バス 池袋集合場所 (3)

東京芸術劇場の前に、すでに湯けむり号の16号が到着していましたので、受付を済ませて乗車しました。

塩原温泉に行く人との乗り合いです。

おおるり温泉直行バス

9:00過ぎに池袋出発です。

途中、佐野SAでトイレ休憩です。

おおるり温泉直行バス 佐野SA

それにしても、まあ、いいお天気で・・・。

実は私、晴れ男です 😉

佐野SAを出発した後、東北道自動車道を走り、西那須野ICで高速を降りました。

そして、しばらく走ったところで、那須高雄温泉へ行く人は、別のバスに乗り換えます。

おおるり温泉直行バス 昼食休憩

他の場所を出発した人を待ち合わせるため、30分ほどの昼食休憩を取り、ここを12:15頃に出発しました。

13:00頃に那須高雄温泉おおるり山荘に到着です。

那須高雄温泉おおるり山荘

那須高雄温泉おおるり山荘のエントランスです。
那須おおるり山荘 エントランス

天体観測用の設備です。

那須おおるり山荘 天体観測所

フロントで天体望遠鏡を借りて、観測します。

料金

宿泊料金は、前払いで送迎バス利用料金と合わせて支払います。

宿泊料金が8,170円、送迎バスの利用料が1,620円で合計9,790円です。

1人旅なので、料金が多少割高に設定されています。

那須高雄温泉おおるり山荘のロビーです。

那須おおるり山荘 ロビー

フロントの近くにある浴衣コーナー

那須おおるり山荘 浴衣コーナー

お土産などを販売している売店

那須おおるり山荘 売店

那須高雄温泉おおるり山荘の客室

畳敷きの部屋にベッドが備え付けてあります。
那須おおるり山荘 客室 (2)

窓側から見ると、こんな感じです。

那須おおるり山荘 客室 ベッド

トイレは、水洗で、ウォシュレット付きです。

那須おおるり山荘 客室 トイレ

客室からの景色です。青空と緑の木々のコントラストがいいですねえ。

那須おおるり山荘 客室 眺望

客室のベランダから、もう1枚。

那須おおるり山荘 客室 眺望 (2)

標高約1,000メートルからの雄大な景色を望むことができます。

運が良ければ、雲海を眺めることもできるそうです。

那須高雄温泉

那須高雄温泉大浴場

到着早々、お目当ての温泉に入りました。

大浴場入り口

那須おおるり山荘 大浴場入り口

脱衣所

那須おおるり山荘 大浴場 脱衣所

脱衣所に温泉分析表が貼ってありました。

那須おおるり山荘 大浴場 温泉成分分析表

含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)(低張性 中性 温泉)です。

泉温が40.1℃とあまり高くありませんが、1分間に800リットルの温泉が自然湧出しており、間違いなく本物の温泉です。

大浴場の洗い場です。

那須おおるり山荘 大浴場 洗い場

大浴場のリンスインシャンプーにボディーソープです。

那須おおるり山荘 大浴場 シャンプー、リンス等

大浴場の湯船です。

那須おおるり山荘 大浴場

源泉がざぶざぶと注がれています。

那須おおるり山荘 大浴場 (2)

大浴場の外にある露天風呂です。

那須おおるり山荘 大浴場 露天風呂 (2)

文字通りのエメラルドグリーンの温泉です。

青い空とエメラルドグリーンの温泉の対比が、何とも言えないです。

那須おおるり山荘 大浴場 露天風呂

あまり源泉の温度が高くないので、夏場に入ると気持ちがいいかもしれません。

那須高雄温泉貸切露天風呂

大浴場の後は、貸切の露天風呂(無料)に「はしご風呂」です。

フロントに声をかけて、鍵を預かって入浴します。

時間は1回50分。

先ほどの男湯の入り口の手前の右側に、露天風呂出入口と書かれたドアがあり、そこから出ます。

那須おおるり山荘 貸切露天風呂 (6)

貸切露天風呂の入り口の扉で、鍵を開けて中に入ります。

那須おおるり山荘 貸切露天風呂

露天風呂です。

那須おおるり山荘 貸切露天風呂 (2)

お湯は白く濁った色です。

那須おおるり山荘 貸切露天風呂 (3)

注ぎ口からは、透明のお湯が惜しみなく注がれています。

那須おおるり山荘 貸切露天風呂 (4)

わかりずらいですが、この先から、お湯がどんどん外に流れ出ています。

那須おおるり山荘 貸切露天風呂 (5)

那須高雄温泉おおるり山荘の夕食バイキング

那須高雄温泉おおるり山荘の夕食バイキングは、17:30~18:40までです。
那須おおるり山荘 夕食バイキング

アルコール飲み放題コーナーです。

那須おおるり山荘 夕食バイキング アルコール飲み放題

生ビール、赤ワイン、白ワイン、日本酒、酎ハイなどがあります。

生ビールは、アサヒのスパードライです。

夕食バイキングには、なんと鮎の塩焼きが1人1尾付いています。

那須おおるり山荘 夕食バイキング 鮎の塩焼き

うれしいですね~。とりあえず、乾杯。

後は、バイキング料理です。

那須おおるり山荘 夕食バイキング (2)

魚の酢漬け

那須おおるり山荘 夕食バイキング (3)

シチュー

那須おおるり山荘 夕食バイキング (6)

揚げ物

那須おおるり山荘 夕食バイキング (7)

鳥の唐揚げと揚げ物に、アルコールを白ワインに変更

那須おおるり山荘 夕食バイキング (4)

煮物

那須おおるり山荘 夕食バイキング (5)

パスタに赤ワイン

那須おおるり山荘 夕食バイキング (8)

パスタと赤ワインをお代わりです。 😳

那須おおるり山荘 夕食バイキング (9)

ごちそうさまでした。

夜は、天体観測をしようと思いつつ、ベッドに寝転がっていたら、いつの間にか眠りに落ちてしまいました。

気が付いたら、朝でした。 😥

那須高雄温泉大露天風呂

朝風呂に入ろうと思い大浴場に向かうと、男湯の前の廊下の先に出入り口があり、そこから男性が入ってくるではありませんか。

那須おおるり山荘 大露天風呂

何があるのかと思い行ってみると、出入り口に露天風呂の文字が・・・。

那須おおるり山荘 大露天風呂 (2)

露天風呂がまだあるとは、不覚でした。

外に出てみると、前方にあきらかに露天風呂らしきものがありました。

那須おおるり山荘 大露天風呂 (3)

男湯と書かれた看板のある入り口をくぐると、前方に「高雄温泉」と書かれた鳥居がありました。

那須おおるり山荘 源泉

高雄温泉の鳥居に近づいてみると、そこが源泉の湧出場でした。

那須おおるり山荘 源泉 (2)

地下から湧き出た温泉が、川のように流れていきます。

那須おおるり山荘 源泉 (3)

早速、那須高雄温泉の源泉にもっとも近い大露天風呂に入りました。

%e9%82%a3%e9%a0%88%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%82%8b%e3%82%8a%e5%b1%b1%e8%8d%98%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%9c%b2%e5%a4%a9%e9%a2%a8%e5%91%82-6

%e9%82%a3%e9%a0%88%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%82%8b%e3%82%8a%e5%b1%b1%e8%8d%98%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%9c%b2%e5%a4%a9%e9%a2%a8%e5%91%82-4

%e9%82%a3%e9%a0%88%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%82%8b%e3%82%8a%e5%b1%b1%e8%8d%98%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%9c%b2%e5%a4%a9%e9%a2%a8%e5%91%82-5

雄大な景色を眺めながら入ることができる絶景の露天風呂です。

しかも貸切です。 😛

すぐ近くで湧き出た源泉を惜し気もなく、掛け流しです。

那須おおるり山荘 源泉 (8)

さすがに、1分間に800リットル自然湧出する温泉です。

そして、惜しげもなく、源泉が滝のように湯船から流れ出ていきます。

那須おおるり山荘 源泉 (7)

もったいない。

約1時間ほど、露天風呂に入っていましたが、その間入ってきたのは、2人ぐらいでした。

ほぼ貸切状態で、この天然の恵みの源泉かけ流しの朝風呂を存分に堪能しました。

多分、他のお客さんは、この大露天風呂を知らないのでしょう。

私も運良く見つけることができましたが、宿の案内にも無かったように思います。

那須高雄温泉朝食バイキング

朝風呂を堪能して少しお腹がすいた頃、7:30から朝食バイキングです。

那須おおるり山荘 朝食バイキング

オレンジジュースと牛乳

那須おおるり山荘 朝食バイキング (2)

焼き魚

那須おおるり山荘 朝食バイキング (3)

お豆腐

那須おおるり山荘 朝食バイキング (4)

香の物

那須おおるり山荘 朝食バイキング (5)

いただきます。 😀

那須おおるり山荘 朝食バイキング (6)

朝食を食べて、また大露天風呂に入り大満足したところで、帰りのバスが9:30に出発します。

おおるり温泉直行バス 帰り

アジアンオールドバザール

途中で、アジアンオールドバザールに寄りました。

アジアンオールドバザール (6)

ここで、トイレ休憩を含め約40分程度停車しました。

アジアンオールドバザール

アジアンオールドバザール (2)

ベトナム、ネパール、バリ島の三つの区画に分かれています。

アジアンオールドバザール (3)

各区画で、飲食や小物類の販売などが行われています。

アジアンオールドバザール (4)

ガネーシャの像です。

アジアンオールドバザール (5)

芝生が敷き詰められた憩いの場です。

アジアンオールドバザール 広場

アジアンオールドバザールを出た後は、塩原温泉に向かいました。

「樵庵(きこりあん)」というおおるり直営ドライブインで昼食休憩を取り、塩原温泉に宿泊したお客さんと一緒に帰ります。

ドライブイン田吾作

どうやって時間を潰そうかと考えていたら、お店の人に近くにある共同浴場「もみじの湯」を教えてもらったので、行ってみることにしました。

樵庵に向かって、左側の川沿いの道を歩いていきます。

塩原温泉 もみじの湯 (13)

途中で、川岸に降りていく道と二手に分かれますが、まっすぐ舗装された歩道を歩いていきます。

塩原温泉 もみじの湯 (12)

前方に川を渡る橋が見えてきました。

塩原温泉 もみじの湯 (11)

この橋を渡ります。左側に「箒川」右側に「紅の吊橋」と書いてあります。

塩原温泉 もみじの湯 (10)

紅の吊橋を渡り切って、「もみじの湯」は右側に進みます。

塩原温泉 もみじの湯

前方に、囲いのある建物が見えてきました。

塩原温泉 もみじの湯 (2)

囲いの中が、「もみじの湯」です。

塩原温泉 もみじの湯 (7)

1回100円です。 😯

塩原温泉 もみじの湯 (6)

脱衣所です。

塩原温泉 もみじの湯 (4)

混浴です。 😳

塩原温泉 もみじの湯 (3)

でも、貸切でした。

塩原温泉 もみじの湯 (5)

湯船は二つに分かれていて、右側の湯船が熱めのお湯で、左側がぬるめのお湯です。

右側の湯船は、ご覧の通りお湯が掛け流しです。

塩原温泉 もみじの湯 (8)

湯船のそばにはもみじの木が・・・

塩原温泉 もみじの湯 (9)

だから「もみじの湯」なんですね・・・。

紅葉の時に入ったら、気持ちいいだろうなあ。

もみじの湯を堪能し、先ほどの樵庵に戻り、おそばと缶ビールで乾杯して、塩原温泉に別れを告げました。

おおるり温泉直行バス 帰り塩原温泉から

池袋に着いたのが、16:00頃です。

那須高雄温泉おおるり山荘の感想

とにかく豊富な硫黄泉を源泉かけ流しで楽しめるので、温泉は申し分ないと思います。

また、部屋からの景色も素晴らしいです。

ただ、温泉は、泉温が低いため冬などは露天風呂に入るのは厳しいかもしれません。

また、同じおおるりグループの熱川シーサイドホテルなどに比べると、鮎の塩焼き以外の料理は見劣りします。

山の上にあるのでやむを得ないと思いますが・・・。

Follow me!